ANAの株主優待券を買おう

株主優待券は、各企業の発行している物でそれぞれ発行している場所のサービスなどを利用するのに割引があったり、特典があったりと非常に便利なものなのです。
その中でも、特に航空会社のANAの株主優待券は非常に割引率が高い、ということで人気の物になっていますね。

そもそも、航空機のチケットというのは単体での値段がとても高いので、割引される値段もそれに応じて大きくなるというわけです。
具体的に、ANAの株主優待券はどのくらいの割引をするのかという航空チケットを半額で利用することができるようになるくらいなのです。
しかも、このANA株主優待券買取のいいところは有効期限内であればいつでも使うことができる、ということなんですよね。
飛行機のような、交通機関のチケットというのはどうしても帰省ラッシュにかぶるような時期だと値段がかなり跳ね上がってしまいます。
そういう時でも、株主優待券を使う事で平常通り半額で航空チケットを買う事が出来るのです。
だから、飛行機のチケットの値段が跳ね上がる時期なんかになるとこう言った株主優待券が非常に人気になるんですよね。
もちろん、その時期が近付いてからあわてて買おうとするとどうしてもオークションなんかでは値段がつりあがってしまいますので、折角航空チケットを安く手に入れようというのに株主優待券を手に入れるのに高くついてしまう、ということもあり得るのです。
航空チケットの株主優待券は発行されてから1年間が有効期限ですので、自分が使いたい期間が有効期限内の株主優待券さえ手に入れてしまえば、いつ手に入れたところでしっかりと半額になりますし、使いたいときに使う事が出来るので、帰省ラッシュの時に飛行機移動をしようと考えている人はあらかじめ予定を決めて事前に購入しておくといいでしょう。
株主優待券は発行する日が決まっていますので、有効期限というのも一定の物なのです。
そして、それほど遠い予定でなければ株主優待券を購入する時は旧券を購入することをお勧めします。
旧券でも新券でも、割引率は変わらないのですが有効期限が半年分変わるというだけですからね。
そもそも、半年以上も先の航空チケットをあらかじめ買うという事は中々ないですからね。
早くとも、3か月前くらいになると思いますしそのくらいならば株主優待券も余裕でカバーできるので、旧券を利用しても全く問題はないかと思います。
購入する時は有効期限のチェックを忘れずに。